HOME

青森県の探偵事務所

青森県の探偵事務所
ランキングです。

  • 女性代表だから、女性の悩みに対応。
    MR探偵

    MR探偵

    設立から16周年を迎え、5年連続業界No.1※ 弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所1位。探偵業界の大手事務所では唯一の女性代表。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 44年の伝統と実績を誇る、探偵の老舗。
    原一探偵事務所

    原一探偵事務所

    探偵業界で44年。積み重ねた経験と独自のネットワークで、綿密な調査を行っている。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 1時間7,000円(税込)からの業界最安値宣言!
    HAL探偵社

    HAL探偵社

    1時間7,000円(税込)からの最安値宣言。それでいて、調査成功率97.6%という、業界屈指の調査力。

    詳細情報を見る レポート読む

  • カウンセリングなど女性目線の探偵社。
    さくら幸子探偵事務所

    さくら幸子探偵事務所

    浮気、不倫、人探し、盗聴・盗撮機発見、ストーカー調査など、さまざまな悩みに対する無料相談を受付中。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 後払い制、調査結果が出なければ0円。
    はやぶさ探偵社

    はやぶさ探偵社

    お客様満足度98%(自社調べ)。業界の不透明な料金体系を見直し、お客様が納得のいく価格を実現。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 調査中のリアルタイム報告サービスも。
    総合探偵社AMUSE

    総合探偵社AMUSE

    調査員1人1時間8,250円(税込)、 業界最低水準の調査費用。しかも、調査員の人数増による料金変更なし

    詳細情報を見る レポート読む

  • 愛をモットーに信頼の浮気調査専門探偵社。
    あい探偵

    あい探偵

    1時間2,750円(税込)~という低料金。調査の依頼者を必ず救いたいという思いで、業務に取り組む探偵事務所。

    詳細情報を見る

  • 男女問題に強い弁護士が運営する探偵社。
    響・Agent

    響・Agent

    弁護士法人「響」の代表弁護士が代表を務める探偵社。護士目線で法的な効力の高い調査報告書を作成。

    詳細情報を見る

  • 浮気はひとりで悩まずご相談ください。
    ISM調査事務所

    ISM調査事務所

    依頼者にとってよいことなのか、一緒に考えながら調査の相談を行い、最も幸せになる解決をアドバイス。

    詳細情報を見る

  • 女性のための浮気調査窓口。
    総合探偵社 TS

    総合探偵社 TS

    調査の相談員とは別に「夫婦カウンセラー」が在籍。希望によっては夫婦問題についてもカウンセリング。

    詳細情報を見る

青森県のデータ

  • 浮気率 浮気率
    全国13位
  • 性生活の満足度 性生活の満足度
    全国42位
  • 経験人数 経験人数
    全国28位

青森県の特徴と浮気調査の傾向

青森県は2つの地域に大別される。県庁所在地の青森市や弘前(ひろさき)市がある日本海側の津軽地方と、八戸(はちのへ)市や十和田市そして下北半島が含まれる太平洋側の南部地方である。南部地方という呼び名は、方位の「南」からきているのではなく、領主が南部氏であったことに由来する。両地方とも面積はほぼ同じで、人口はやや津軽地方の方が多い。県全体の人口は約125万人で、10万人を超える市町村は3市ある。そのうち県庁所在地の青森市が最も人口が多く約28万人で、2位が八戸市の約22万人、3位が弘前市の約17万人となっている。

自然を思う存分に味わえるデートスポットが青森県にはたくさんある。たとえば、世界自然遺産に登録されている白神山地である。白神山地の最大の魅力は広大なエリアに残る深いブナの原生林で、大自然を満喫できるハイキングコースも多いが、比較的アップダウンも少なく歩きやすい十二湖周辺の散策コースはデートコースとして人気が高い。

自然の魅力を味わえるということであれば、十和田湖と奥入瀬渓流も欠かせない。清流と滝の流れが木々などの植物と織りなす美しい景観と、十和田湖の雄大な姿は、季節の移ろいの中でさまざまな表情を見せながら訪れるカップルを魅了している。

桜の名所として有名な弘前公園と、園内に建つ弘前城も人気の観光スポットだ。弘前公園には2,500本を超える桜が植えられており、その年の気候にもよるが、開花がゴールデンウイークと重なることもあるため、シーズン中に開催される「弘前さくらまつり」には、毎年全国から大勢の花見客が詰めかけている。

青森県は車社会で、バスや電車などの公共交通機関は利用者も少なく運行本数も少ない。移動には車が利用されることが多く、浮気・不倫でラブホテルなどへ行くにも、ほとんどは車が利用される。そのため尾行調査も車を使うことが多い。青森県で、浮気・不倫の調査を行うには、尾行している車に気づかれない運転技術と、見失わずにしっかり着いていける注意力が必須である。

青森県のラブホテル事情

青森県にあるラブホテルは約110軒で、全国47都道府県中20位ほどである。20歳以上人口10万人あたりのラブホテル軒数は約11.3軒で、全国で7番目に多い。このことから、青森県はラブホテルの使用率が高く、浮気・不倫でもラブホテルが利用されることが多いと考えられる。

県内の市町村をラブホテルの数が多いに順に並べると、ほぼ市町村の人口に比例した順になる。青森県でもっともラブホテルが多いのは、約20軒が営業している県庁所在地の青森市だ。市街地にも郊外にもあるので、利用する際の状況等で使い分けることもできるだろう。次に多いのが八戸市で10数軒が営業している。市街地にも郊外にもあるが、本八戸(ほんはちのへ)駅の近辺にやや多いようである。弘前市にも10軒以上のラブホテルがあり、郊外に多い傾向がある。

温泉がいたるところで湧き、街中の銭湯でさえ良質の温泉であることが多いのが青森県である。そんな青森県で、特にカップルに人気が高く、浮気・不倫の旅行でも利用されやすい温泉としては、まず、西津軽郡深浦町の黄金崎不老ふ死温泉がある。海沿いにあるひょうたん型の浴槽に、茶褐色の湯が満ちた露天風呂は景観としても抜群で、さまざまなメディアによく取り上げられている。女性専用の浴槽もあるが、利用者が多いのは混浴の浴槽である。カップルで一緒に湯につかりながら眼前に広がる日本海の雄大な景色を眺めてロマンチックな気分に浸れば、より一層、二人の恋が燃え上がることは間違いない。

青森市の八甲田山中の一軒宿である酸ヶ湯(すかゆ)温泉も全国的に知られている。特に、総ヒバ造りの千人風呂は圧巻で、広い浴室には「熱の湯」と「四分六分の湯」の2つの大きな浴槽、そして打たせ湯もある。ここも混浴であるため、カップルで一緒に入ることもでき、天然の酸性泉と歴史を感じさせる浴場の風情を堪能できる素晴らしい温泉である。一時期、混浴のマナーが悪化し、女性客からの苦情等で問題になった時期もあったが、その後、常連の利用客らが中心になって「混浴を守る会」が結成され、混浴マナー向上の運動が続けられている。

平安時代から利用されてきたと言われる浅虫温泉は、「青森の奥座敷」とも呼ばれており、青森市の中心部からもアクセスしやすいロケーションにある。そのため、青森市の不倫カップルが、浅虫温泉の宿を密会に利用することも多くなっている。青森市で浮気・不倫調査を行う探偵は、浅虫温泉の宿も念頭に置いておく必要がある。

さらに、十和田樹海と呼ばれるブナの原生林の中にある蔦温泉は、足元から源泉が湧出する浴槽で有名である。紅葉の名所である蔦沼に隣接するとともに、奥入瀬渓流にも近いため、四季折々の美しさを見せる十和田の自然風景を楽しみに訪れるカップルも多い。

紅葉を楽しめる温泉としては、黒石市の青荷温泉もあるが、ここは紅葉以上に「ランプの宿」として有名だ。電灯の代わりにランプが使われる理由は、電気が通っていないからであり、もちろん電化製品は一切なく、コンセントもない。当然スマートフォンの充電もできないが、そもそも電波圏外である。世間から隔絶して、日常から離れ、普段の夫婦関係とは別の2人だけの世界に浸りたいカップルには絶好の環境となっている。

宿の中には内湯や混浴露天風呂、女性専用露天風呂など多くの浴場があるが、風呂場にもランプの灯かりしかないため、夜は薄暗い中での入浴となる。薄暗い混浴の露天風呂に恋人と肩を並べてつかり、ゆらゆらと揺れるランプの灯にほのかに照らされながら浴場で過ぎていく時間は、2人の関係をより深めていくに違いないだろう。

青森県その他、探偵事務所

  • 青森探偵事務所

    青森県八戸市柏崎1-11 メゾン・アマビーレII
  • 飛鳥総合調査

    青森県弘前市北瓦ケ町3-1 キョウドウ第1ビル3F F号