HOME

和歌山県の探偵事務所

和歌山県の探偵事務所
ランキングです。

  • 女性代表だから、女性の悩みに対応。
    MR探偵

    MR探偵

    設立から16周年を迎え、5年連続業界No.1※ 弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所1位。探偵業界の大手事務所では唯一の女性代表。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 44年の伝統と実績を誇る、探偵の老舗。
    原一探偵事務所

    原一探偵事務所

    探偵業界で44年。積み重ねた経験と独自のネットワークで、綿密な調査を行っている。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 1時間7,000円(税込)からの業界最安値宣言!
    HAL探偵社

    HAL探偵社

    1時間7,000円(税込)からの最安値宣言。それでいて、調査成功率97.6%という、業界屈指の調査力。

    詳細情報を見る レポート読む

  • カウンセリングなど女性目線の探偵社。
    さくら幸子探偵事務所

    さくら幸子探偵事務所

    浮気、不倫、人探し、盗聴・盗撮機発見、ストーカー調査など、さまざまな悩みに対する無料相談を受付中。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 後払い制、調査結果が出なければ0円。
    はやぶさ探偵社

    はやぶさ探偵社

    お客様満足度98%(自社調べ)。業界の不透明な料金体系を見直し、お客様が納得のいく価格を実現。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 調査中のリアルタイム報告サービスも。
    総合探偵社AMUSE

    総合探偵社AMUSE

    調査員1人1時間8,250円(税込)、 業界最低水準の調査費用。しかも、調査員の人数増による料金変更なし

    詳細情報を見る レポート読む

  • 愛をモットーに信頼の浮気調査専門探偵社。
    あい探偵

    あい探偵

    1時間2,750円(税込)~という低料金。調査の依頼者を必ず救いたいという思いで、業務に取り組む探偵事務所。

    詳細情報を見る

  • 男女問題に強い弁護士が運営する探偵社。
    響・Agent

    響・Agent

    弁護士法人「響」の代表弁護士が代表を務める探偵社。護士目線で法的な効力の高い調査報告書を作成。

    詳細情報を見る

  • 浮気はひとりで悩まずご相談ください。
    ISM調査事務所

    ISM調査事務所

    依頼者にとってよいことなのか、一緒に考えながら調査の相談を行い、最も幸せになる解決をアドバイス。

    詳細情報を見る

  • 女性のための浮気調査窓口。
    総合探偵社 TS

    総合探偵社 TS

    調査の相談員とは別に「夫婦カウンセラー」が在籍。希望によっては夫婦問題についてもカウンセリング。

    詳細情報を見る

和歌山県のデータ

  • 浮気率 浮気率
    全国3位
  • 性生活の満足度 性生活の満足度
    全国6位
  • 経験人数 経験人数
    全国18位

和歌山県の特徴と浮気調査の傾向

和歌山県は、日本最大の半島である紀伊半島の西側に位置し、紀伊水道から熊野灘まで太平洋側に長い海岸線を有している。旧国名は紀伊国(きいのくに)だが、古くは木国(きのくに)と呼ばれたほど山林が多く、県の南部には深く山地が続いている。このような深山幽谷の環境の中から山岳信仰が栄え、熊野三山にみられるような神道信仰や、高野山にみられるような密教信仰を生み育んできたようだ。

県全体の人口は約92万人で全国では40番目という低い順位だが、人口密度の高さでは29位となっている。最も人口が多い市町村は、県庁所在地の和歌山市で約37万人を抱える。つまり、県全体の人口の3分の1以上が和歌山市に偏在していることになる。

人口2位は、県の中央から南へ大きく広がる田辺市で約7万人が住んでいる。現在の田辺市は2005(平成17)年に、田辺市・龍神村・中辺路(なかへち)町・大塔(おおとう)村・本宮町が合併したもので、総面積は1,000平方キロメートルを超え、和歌山県全域の約22%を占める。もちろん県内第1の広さであり、近畿地方の市としても最大である。次に、橋本市と紀の川市がともに約6万人、岩出市と海南市にも約5万人が暮らしている。

見どころの多い和歌山県だが、恋人どうしで訪れるなら、まずは海辺でのデートが定番であろう。特に、本州最南端の串本町から白浜にかけてのシーサイドエリアは、レジャーも温泉も欲張りに堪能できる贅沢なスポットとなっている。

串本はダイビングをはじめするマリンレジャーのメッカだが、串本海中公園には、ダイビングができなくても海を存分に楽しめる施設が揃っている。海中を通る長さ24メートルの半円筒形の水中トンネルは、ぐるっと180度、天井から腰くらいの高さまでが透明になっていて、たくさんの魚が泳ぐ海の様子を広く観ることができる。また、水深6.3メートルの海底をじっくり観察できる海中展望台もある。不倫カップルが2人で、眼前に広がるロマンチックな光景に包まれれば、海の深さのように、不倫関係もより深まってしまうかもしれない。

西牟婁郡(にしむろぐん)白浜町にある白良浜(しららはま)は、白浜温泉の中心である鉛山湾(かなやまわん)に面した弓状の白砂の浜で、ハワイのワイキキビーチの友好姉妹浜となっている。真っ白な砂浜と青い海の中に高くそびえ立ったヤシの木々に囲まれた景色は、カップルの気持ちを南国へ誘い、不倫の密やかな逢瀬も、いつしか大胆な行動をとらせるようになってしまいそうだ。

山を楽しむなら、世界文化遺産の熊野古道を歩くのが一番であろう。熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称で、熊野参詣道とも呼ばれる。熊野古道と一口に言っても、広い範囲に多くの道がある。中でも初心者のハイキングコースとしては人気があるのは、距離も短めで比較的歩きやすく、しかも熊野古道の雰囲気を満喫できる「大門坂~熊野那智大社~那智の滝」のコースだ。杉木立に囲まれた苔むした石段を、いにしえの参詣者たちに思いを馳せながらカップルで登れば、歴史のロマンに包まれていくことだろう。

和歌山県内の全域で、移動手段には自家用車が利用されるのが一般的で、電車やバスなどの公共交通期間の利用は少なくなっている。そのため、浮気・不倫調査でも自動車を利用した尾行調査が行われるケースがほとんどである。和歌山県で、浮気・不倫の調査を行うには、尾行している車に気づかれない運転技術と、見失わずにしっかり着いていける注意力が必須である。

和歌山県のラブホテル事情

県内にあるラブホテルは約70軒で、全国47都道府県中38位である。20歳以上人口10万人あたりのラブホテル軒数は約7.7軒で、全国で20番目である。全国的に見た場合、数としては少ないほうだが、人口あたりの割合としては中くらいである。このことから、和歌山県では、不倫・浮気の密会にラブホテルが利用されることも多いが、その他の場所で行われることも、それなりにあると考えておくことが必要だ。

最もラブホテルが多い市町村は県庁所在地の和歌山市で、約20軒が営業している。市街地から郊外まで広い範囲に点在しているが、和歌山駅西口の北にやや集中した地域がある。2番目に多いのは岩出市で数軒がある。田辺市、紀の川市、新宮市にもそれぞれ3軒ほどのラブホテルがあるようだ。

和歌山県は古くからの名湯が多いが、特に南部には有名な温泉が多い。中でも白浜温泉は、その歴史からも規模からも、知名度からも和歌山県を代表する温泉地となっている。戦後は京阪神の奥座敷と呼ばれ、団体観光客向けの歓楽温泉として栄えた時期もある。今はレジャー向きの温泉地へ姿を変えようとしており、若い恋人どうしから家族連れ、熟年の訳ありカップルまで幅広い層が楽しめるようになっている。

白浜温泉には温泉の共同湯(公衆浴場)がいくつかあるが、中でも最も有名で人気なのは、崎の湯(さきのゆ)だ。658(斉明4)年に斉明天皇と中大兄皇子が入湯したと伝えられる由緒ある温泉で、紀州藩主時代の徳川吉宗も入湯したといわれている。眼前に太平洋が広がるという開放感あふれる海沿いの露天風呂で、寄せては返す波を眺めながら、海を身近に感じて入浴できる。露天風呂ではあるが、仕切りがあるので男女別に入湯することができる。

東牟婁郡(ひがしむろぐん)那智勝浦町にある南紀勝浦温泉の忘帰洞(ぼうきどう)も人気で、そして特長ある温泉となっている。忘帰洞は、海沿いの岩盤が熊野灘の激しい風波に侵食されてできた間口25メートル・奥行50メートル・高さ15メートルの巨大な天然の洞窟である。その洞窟の中に温泉が湧出して湯溜りができ、古くから沐浴に利用されてきたようだ。現在では「ホテル浦島」の温泉施設として人気を集めている。

忘帰洞(ぼうきどう)という名称は、紀州藩の徳川頼倫(よりみち)公が入浴して「帰るのを忘れさせるほど心地よい」と言ったことから呼ばれるようになったようだ。ここも湯舟につかりながら押し寄せる荒波を眺めて天然温泉を楽しむことができる。

野趣あふれる温泉ということであれば、田辺市本宮町の川湯温泉に期間限定で作られる大露天風呂も欠かせない。川湯温泉は、熊野川の支流である大塔川の川岸にある山間の温泉地で、川原を掘ると温泉が湧き、手製の露天風呂を作れることで有名である。川の流れの中にも湯が湧いており、川底から気泡が上がるところを川岸からも見ることがきる。

そして、川の流量が減る冬季(12月~2月末)には、川をせき止めて、川の中に巨大な露天風呂「仙人風呂」が作られる。水着などを着てカップルでも入れる混浴露天風呂だ。入浴できるのは夜10時までだが、周囲が暗くなれば満天の星の下でせせらぎを聞きながら湯に浸ることもできる。暗くなれば周囲から見えにくいことを利用して、2人仲良く川原の露天風呂につかりながら愛を深めてしまう不倫カップルもいるようだ。