佐賀県の探偵事務所

佐賀県の探偵事務所
ランキングです。

  • 女性代表だから、女性の悩みに対応。
    MR探偵

    MR探偵

    設立から16周年を迎え、5年連続業界No.1※ 弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所1位。探偵業界の大手事務所では唯一の女性代表。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 44年の伝統と実績を誇る、探偵の老舗。
    原一探偵事務所

    原一探偵事務所

    探偵業界で44年。積み重ねた経験と独自のネットワークで、綿密な調査を行っている。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 1時間7,000円(税込)からの業界最安値宣言!
    HAL探偵社

    HAL探偵社

    1時間7,000円(税込)からの最安値宣言。それでいて、調査成功率97.6%という、業界屈指の調査力。

    詳細情報を見る レポート読む

  • カウンセリングなど女性目線の探偵社。
    さくら幸子探偵事務所

    さくら幸子探偵事務所

    浮気、不倫、人探し、盗聴・盗撮機発見、ストーカー調査など、さまざまな悩みに対する無料相談を受付中。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 後払い制、調査結果が出なければ0円。
    はやぶさ探偵社

    はやぶさ探偵社

    お客様満足度98%(自社調べ)。業界の不透明な料金体系を見直し、お客様が納得のいく価格を実現。

    詳細情報を見る レポート読む

  • 調査中のリアルタイム報告サービスも。
    総合探偵社AMUSE

    総合探偵社AMUSE

    調査員1人1時間8,250円(税込)、 業界最低水準の調査費用。しかも、調査員の人数増による料金変更なし

    詳細情報を見る レポート読む

  • 愛をモットーに信頼の浮気調査専門探偵社。
    あい探偵

    あい探偵

    1時間2,750円(税込)~という低料金。調査の依頼者を必ず救いたいという思いで、業務に取り組む探偵事務所。

    詳細情報を見る

  • 男女問題に強い弁護士が運営する探偵社。
    響・Agent

    響・Agent

    弁護士法人「響」の代表弁護士が代表を務める探偵社。護士目線で法的な効力の高い調査報告書を作成。

    詳細情報を見る

  • 浮気はひとりで悩まずご相談ください。
    ISM調査事務所

    ISM調査事務所

    依頼者にとってよいことなのか、一緒に考えながら調査の相談を行い、最も幸せになる解決をアドバイス。

    詳細情報を見る

  • 女性のための浮気調査窓口。
    総合探偵社 TS

    総合探偵社 TS

    調査の相談員とは別に「夫婦カウンセラー」が在籍。希望によっては夫婦問題についてもカウンセリング。

    詳細情報を見る

佐賀県のデータ

  • 浮気率 浮気率
    全国7位
  • 性生活の満足度 性生活の満足度
    全国1位
  • 経験人数 経験人数
    全国34位

佐賀県の特徴と浮気調査の傾向

佐賀県は、江戸時代に唐津藩だった北西部と、佐賀藩だった南東部に、ほぼ分かれる。北西部は対馬海流が流れる玄界灘に面し、南東部は干潟と干拓地の有明海に面している。そうした環境の違いや歴史的経緯から、北西部と南東部は文化や住民の気質が多少異なるといわれている。

人口は約82万人で全都道府県中41位であるが、人口密度は高めで全国16位となっている。最も人口が多い市町村は県庁所在地の佐賀市で約23万人である。2位は唐津市の約12万人、3位は鳥栖(とす)市の約7万人、4位は伊万里(いまり)市の約5万人と続く。鳥栖市は、九州陸路交通の要衝であり、その交通の利便性から企業進出が相次ぎ、人口が増加している。人口は県内3位だが、人口密度は佐賀市と唐津市を上回って1位となっている。

不倫カップル人気のデートスポットとしては、まず、鳥栖市の鳥栖プレミアム・アウトレットが挙げられる。国内外の著名ブランド約150店舗が出店する九州最大のアウトレットモールだ。爽やかな空気と明るい陽光が降り注ぐカリフォルニア南部の街をイメージした、スパニッシ・コロニアルスタイルの施設で、リゾート感覚でショッピングを楽しめるところがカップルの人気を呼んでいる。季節に応じて多彩なイベントも用意されているため、何度も通う人も多い。

神埼郡吉野ヶ里(よしのがり)町にある吉野ヶ里歴史公園は、吉野ヶ里遺跡の保存と弥生時代の復元住居や発掘物を展示する施設だ。勾玉づくりや火おこしなどの体験ができるほか、古代米を使った料理が味わえるレストランもあり、「弥生人の声が聞こえる」テーマに弥生時代を体感できる公園としてカップルの人気も高い。

唐津市は観光エリアが充実しており、カップルに人気が高いスポットも多い。唐津湾の海浜に約100万本のクロマツが群生する虹の松原は、日本三大松原の1つに数えられ、国の特別名勝にも指定されている。

東松浦半島に突き出た小さな岬、波戸岬はハイキング、釣り、キャンプ、海水浴が楽しめるリゾートエリアで、特に水深約7メートルの窓から魚の群れなどの海中観察が楽しめる海中展望塔は必見である。呼子(よびこ)港の朝市通りで毎日開催されている呼子の朝市は、日本三大朝市1つであり、大正時代から続く歴史を誇る。玄界灘の波涛侵食作用でできた奇岩景勝地の七ツ釜は、国の天然記念物に指定され、遊覧船クルージングでの洞窟探検が人気だ。

だが、最も恋人同士で訪れたい場所は、加部島(かべしま)である。呼子から呼子大橋で加部島に渡り、畑の一本道を抜けると海に向かって開けた牧場が広がる。晴れた日に見える風景は、牧草の緑と青い空と白い灯台が描かれた絵葉書のようであり、暮れを待って展望台に立てば玄界灘に沈む夕日もまた美しい。そんな加部島の南部にある片島(かたしま)という地域の天童岳は、山桜の名所として人気があるが、そこで決して見逃してはならないのは佐用姫(さよひめ)の石像である。

唐津の人であれば誰でも知っている古代の悲恋物語のヒロインが佐用姫だ。この悲恋物語は古墳時代の終わり頃の出来事がもとになっているが、ごく簡単に説明すると次のような話として今に伝わっている。

「佐用姫は、唐津の港が見下ろせる鏡山(かがみやま)の上から、船で戦(いくさ)に向かう最愛の夫を見送る。しかし、夫との別れが受け入れらない佐用姫は山を駆け下り、海沿いを走って夫の乗る船を追い、加部島までやってくる。そして岬の先端に立ってなおも見送る。夫の船が見なくなっても立ち続け、別れの悲しみのため、その場で七日七晩泣き通し、ついには石になってしまった」

この伝説にちなんで立てられているのが佐用姫の石像であり、島には佐用姫を祀る神社も鎮座している。この悲恋物語は万葉集にも詠まれ、能の作品にもなり、浮世絵にも描かれている。カップルで加部島訪れて、古代の恋愛ロマンに思いを馳せれば、2人の愛の絆はよりいっそう深まるに違いない。

佐賀県も他の多くの地方都市と同様に、移動は電車やバスなどの公共交通機関ではなく、自家用車を利用することが多い。不倫の密会も、多くの場合は車が利用される。尾行等の浮気調査も車を使わなくては不可能である。佐賀県で浮気・不倫の調査を行う探偵には、尾行相手の運転している車を見失わない運転技術と、尾行に気づかれない注意力が求められる。

佐賀県のラブホテル事情

佐賀県にあるラブホテルは約90軒で、47都道府県中24位と、全国的には多い方ではない。しかし、20歳以上人口10万人あたりのラブホテルの数は約13.3軒で、全国2位である。これだけ数値が高いということは、佐賀県ではラブホテルが利用されることが多く、浮気・不倫でもラブホテルの使用率が高いと考えることができる。佐賀県での浮気・不倫調査は、ラブホテルでの張り込みが特に重要になる。

最もラブホテルが多い市町村は、県庁所在地の佐賀市で約20軒あり、市街地から郊外まで広い地域に点在している。2番目に多いのは唐津市で約10軒が営業しており、やはり市街地から郊外まで広い地域に点在している。3番目は三養基郡みやき町で10軒近いラブホテルがあり、鳥栖市との境である佐賀競馬場の西側の周辺に集中している傾向が見られる。続いて伊万里市と武雄(たけお)市にも数軒のラブホテルがある。

不倫の密会にも使われそうな宿が多そうな温泉地としては、佐賀市の古湯(ふるゆ)温泉が挙げられる。佐賀市の北西部にあり、四方を小高い山に囲まれた嘉瀬(かせ)川沿いに広がる温泉地で、古くから「佐賀の奥座敷」として栄えた。市街地からも行きやすいため、不倫の宿として使うにも便利だ。のどかな情緒が漂う山あいの温泉地で、四季折々の豊かな自然に出合う事ができ、初夏に訪れれば蛍にも出会える。恋人と幻想的な蛍の光の舞を眺めながらしっとりと夜を過ごせば2人の愛も深まっていくに違いない。

佐賀県を代表する温泉としては、まず嬉野市(うれしのし)の嬉野温泉がある。約1200年の歴史を持つ九州でも屈指の温泉地の1つだ。江戸時代には長崎街道の宿場町として賑わい、歓楽温泉としても名を馳せていたようである。戦後はさらに歓楽温泉として栄えるようになり、西の別府といわれるほどであった。今は、美肌の湯として知られるため女性の人気も高く、カップルで訪れる人も多い。

武雄市の武雄温泉の歴史も古く、佐賀藩主の鍋島氏の専用浴場もあった名湯である。神功皇后が太刀の柄(つか)で岩を一突きしたところ、たちどころに湯が湧き出たと伝えられている。江戸時代初期には伊達政宗や宮本武蔵が、幕末にはシーボルトや吉田松陰らも入湯したといわれる。武雄温泉のシンボルである武雄温泉楼門と武雄温泉新館は、国の重要文化財にもなっている。

武雄温泉の特徴として共同湯が充実していることがある。人気の高い「元湯」の他、シンプルな大浴場の「蓬莱湯(ほうらいゆ)」、露天風呂やサウナ付きの「鷺乃湯(さぎのゆ)」の3軒がある。また、鍋島藩主やシーボルトが入浴したという「殿様湯」や、重鎮の家臣が入ったとされる「家老湯」などは貸し切り風呂として利用できる。お湯とともに歴史のロマンにも浸かりながら、カップルで湯巡りをすれば、2人の恋はより熱く燃えていくことだろう。